Home

フィレンツェ街角ニュース    Le notizie di Firenze

独断と偏見でお送りします=

 

  

フィレンツェ・フォト・アルバム - Le foto di Firenze

 

 

< 食べる Mangiare >   

                          ポルチーニきのこ                                   中央市場のサラミ屋

< 泊まる Dormire >
< ショッピング Shopping >
< 朝市/蚤の市 Mercato >
< ナイトライフ Night life >
< 旅の達人 Consiglio degli esperti >
< 談話室 Camera caffe’ >
よくあるご質問 FAQ

            

 

......................................................................................................................................................................

 

< 食べる Mangiare >

いつ何処で誰と何を食べるーとても重要な旅の要素ですね、フィレンツェはどこに行ってもおいしいんですがユーロ高でお値段は日本と比較すると高めなのがちょっと痛いところです.

 

個人的な好みでご紹介するとーー

 

=トスカーナ料理 = Cucina Toscana

Trattoria Antico Fattore 

Via Lambertesca, 1-3/R

Tel 055-288975       休業日 日曜

ウッフィツィ美術館の近く、日本語メニューあり。

入り口に旬のものが飾ってあるし、中心部の割には良心的な値段。

前イタリア大統領チャンピ氏も来たのよ。

 

Buca Lapi

Via Trebbio 1/R 

Tel 055-213768,284862   休業日 日曜終日、月曜昼

ブランド街、アンティノーリ宮の地下。フィレンツェ風ビーフステーキがとっても有名、他の料理も丁寧です。ちょっとお値段は高めですが、グルメな貴方にお勧め。

 

Ristorante Osteria Zio Gigi

Via Portinari 7/R   Tel 055-215584

ドウモのキューポラのすぐ裏にあるレストラン。特に昼がお勧め。昼食は毎日日替わりのセットメニューがあり、5種類くらいから選べます。プリモ{パスタ類}、セコンド{メインデッシュ}そしてコントルノ{付け合せの野菜}と飲み物を頼んでも10ユーロあればたります。ちょっと太った髭をはやしたおじさんがいつも歌を歌いながらサーブしてくれます!

 

=ピッツェリア= Pizzeria

Dantesca  

 Via Panzani           Tel 055-212287     日本語メニューあり

駅からドゥオーモに行く道沿いで、いかにも観光客向けなんだけどここのナポリ風もちもちピザはイケますね、パスタも悪くないです。

気軽に済ませたい時に。

 

=カフェテリア= Bar & Caffe’

歴史的建造物を見ながら飲むお茶は格別。パニーノもあるしランチタイムなどには熱々パスタもそろってます。

 **Piazza Repubblica**

Rinascente デパート・リナシェンテの最上階、ドゥオーモを間近にみることができるテラスで

Hotel Savoi サボイホテルで出すエスプレッソ(1杯5ユーロ!)、つまみに出てくるクルミの蜂蜜風味は絶品

Paszkowski & Gilli いずれも言わずもがな、カフェの老舗

 **Piazza della Signoria**

Rivoire リウ゛ォワール、フィレンツェの中心シニョリーア広場のカフェといえばやっぱりここでしょう。月曜休み 

 

=フィレンツェ名物= Tipico fiorentino

ランプレドット Lampredotto

牛モツ煮込み、それだけで食べても、パニーノにしても良し。赤ワインとよく合います、寒い日にフウフウ吹きながらかぶりつく感じはさしずめ日本のおでん屋の屋台か??

やっぱりそれぞれ好みの屋台があるのですが

Piazza Mercato Nuovo 鼻がテカテカのイノシシ像のそば

Via Dante Alighieri アメックスの近く日本語メニューあり(!)

Via Ariento 中央市場の近く

Mercato Centrale  中央市場の建物の中のNerbone ネルボーネで出すBollito(ボッリート)も私のお気に入り!

じっくり座って取り組みたい人は内蔵物専門店Trippeie il Magazziono トリッペイエ・イル・マガッジーノ、 Piazza della Passera ヴェッキオ橋を渡って3分

 

Il Cernacchino イル・チェルナッキーノVia della Condotta,38/r

シニョリーア広場の北側すぐ裏、丸パンをくりぬいた中にトスカーナ名物の煮込み料理をつめてくれる正統派伝統トスカーナファーストフード(?)、もちろん味見もOK,2階に座れる席もあり。ワインは手酌で、つまみもあるし、スイーツも手作り。

 

< 泊まる Dormire >

Hotel De La Ville

Piazza Antinori, 1.  Tel 055-2381805 4ッ星

改装して居心地良いホテルになりました。何処に行くにも便利。フロントにいる女性スタッフがすごく感じがいいの。

シングル90~290ユーロ、ツイン110~390ユーロから 

(2009年現在)

 

< ショッピング Shopping

一般にお店は

火曜—金曜10〜19時30分、日曜休み

冬期 月曜15時30分〜19時30分、土曜10〜19時

夏期 月曜10〜19時30分、土曜10〜13時

昼休みを取る場合は13〜15時30分位が昼休み

 

貴金属アクセサリー 

FALAI     住所 Via Por Santa Maria 28 /  TEL&FAX    055 / 2381688

アレッシオALESSIOとクリスティーナCRISTIANAの店です。

フィレンツェ伝統工芸家 Maestroであるお父さんの創り出す、

世界に1つしかない手作り、貴方だけのジュエリーをどうぞ。

何たってこのホームページ作ってもらったんだものヨロシクね。

 

 

 

 

何となくぶらぶら歩き

共和国広場Piazza della Reppublicaからコルソ通りVia del Corsoーアルビツィ通りBorgo degli Albiziーピエトラピアナ通りVia Pietrapiana—ラ・クローチェ通りBorgo la Croce—ベッカリア広場Piazza Beccariaは小物やおしゃれなお店が並んでいるコース、中心部からは遠ざるので庶民的、でも昼休みを取る店も多くなるので時間には余裕を持って。

 

< 朝市/蚤の市 Mercato

掘り出し物が見つかるマーケット、クレジットカードは使えないことが多いので現金(ユーロ)をご用意下さい。

 

カッシーネ Mercato di Cascine, 

 Parco delle Cascine

毎週火曜日、午後14時くらいまで。何たってトスカーナ州一大きな朝市、衣料品、食料品、家庭雑貨、何でもあり。

クリスマスや復活祭の時期には日曜日にも開かれます。

 

サンタンブロージョ Mercato di S.Ambrogio,

 Piazza Ghiberti

冬時間 月〜金曜日、7時〜14時  

土曜、7〜14時/16〜20時 日曜休み

夏時間 月〜土曜日、7時〜14時 日曜休み

建物は中央市場やミラノのヴィットリオ・エマヌエレ・ギャラリーの設計をしたメンゴーニ、食料品、衣料品、家庭雑貨。中央市場に比べて庶民的。

 

中央市場 Mercato Centrale

 Piazza del Mercato Centrale

冬時間 月〜金曜日、7時〜14時  土曜、7〜17時 日曜休み

夏時間 月〜土曜日、7時〜14時 日曜休み

サン・ロレンツォ教会周辺のみやげ屋に埋もれた、でも朱色の鉄筋が目を引くジュゼッペ・メンゴーニの建築。

1階はチーズ、肉、魚。2階は野菜果物。今や日本人店員をずらり揃えた食品デパートの感。カードも使えるし、真空パックもしてくれるし、便利ですけどね。

 

蚤の市 Mercato delle Pulci

 Piazza dei Ciompi

戦後のバラックの様な建物が並んで、まあ、いろいろな物があり、毎月最終日曜日はこの一帯でアンティーク市が開かれます。

 

エコ・自然食の市 Fierucola

 Piazza Santo Spirito

毎月第3日曜日、9〜19時 7、8、12月休み

 

< ナイトライフ Night life

中心部は夜中12時過ぎまで人通り、ショウィンドーもライトアップされているのでぶらぶらしても楽しいけれど、人通りが途絶える夜中1時〜5時は暴行事件の報告もあるので要注意。

クラブなど賑わってくるのは23時以降、それまではガラガラに空いてるのでつまらないかも。

 

駅周辺 Stazione

ホテル・バリオーニHotel Baglioni最上階のバーは最高の眺め

サンタ・マリア・ノウ゛ェッラ教会広場のホテル・ミネルウ゛ァHotel Minervaも素敵。(春〜秋のみ)

 

共和国広場Piazza della Repubblica

カフェ・パスコフスキーPaszkowskiでは、いつもバンドが入って懐メロやってますね、地元の人達は周辺で聞いて楽しんでます。

夏はこの辺りパフォーマー達が芸を披露しているのでジェラートでも片手に散歩するのが良いです。

 

サンタ・クローチェ広場 Piazza Santa Croce

ベンチ通りVia dei Benciからヴェルディ通りVia Verdiは夜の繁華街、最近は回転寿司屋もできて賑わってます。

 

旅の達人 Consiglio dagli esperti

 

クレジットカード

最近のクレジットカードはチップが入っていてお買い物の際に昔のようにサインをするのではなく暗証番号を入れるタイプが増えてます、それでも日本ではあまり暗証番号を聞かれることはないのですがイタリアではそれしか受け付けないタイプの機械が増えて来ていますので要注意。

日本出発前に暗証番号を確認しましょう、せっかくお買い物しようとして暗証番号を忘れ、何も買えなかったお客様結構いらっしゃいます。

 

タクシーの使い方 (2009年1月) TAXI

 

基本的には流しはないのでタクシー乗り場か、ホテルなどで呼んでもらいます。

*乗車客はシートベルトを締めることが義務付けられています。

<基本料金> 

平日5ユーロ 日曜祝日7.00ユーロ

夜間8.30ユーロ(22:00-06:00

 +0.91ユーロ/Km  24ユーロ/

市内—フィレンツェ・エアポート 20~23.30ユーロ

<特別料金>

荷物一個につき1ユーロ

4人目から一人につき1ユーロ

(普通タクシーで4人まで、大型車で6人まで乗車可能)

<タクシー呼び出し料> 1.96 ~ 3.36 ユーロ

市外になると料金が変わります詳しくは 

 http://www.socota.it/

 

市バス ATAF

70分間乗り降りし放題 1.20ユーロ

事前にタバコや新聞スタンドでチケットを買って、乗車した時に打刻、その時間から70分有効。

ミケランジェロ広場には12番か13番、駅と広場をそれぞれ反対方向に回っています。

市バスは道路工事などでよく道が変わり、停留所などの案内もないので、利用する場合はドライバーや他の乗客に行きたい場所を言って助けてもらいましょう!

 

シティーサイトシーイング CitySightseeing Firenze

町の中を走る2階建ての赤い観光バス

Aコース+Bコース24時間有効チケットが大人20ユーロ、子供(5〜15歳)10ユーロ

Aコース

ドゥオーモーサン・マルコーミケランジェロ広場

Bコース

サン・フレディアーノ門ドゥオーモーフィエゾレーサント・スピリト広場—カルミネ広場

どちらも録音された日本語のオーディオガイドがあります詳しくは http://www.firenze.city-sightseeing.it/

 

< 談話室 Camera caffe’ >

  エスプレッソを飲みながらの会話から裏話など〜

????

「前ね、ドゥオーモでミサが行われていて入れなかったんだけど外から見ながらお客様に

“この中には人は住んでないんですか?”と聞かれてびっくり!!

〜日本ではお寺に住職さんが住んでいるから〜と言われて少し納得。でも日本だって大仏殿とか本堂には住んでいませんよね。。。。」

????

「フィレンツェの話ではないんだけど、シエナにね“カンポ広場”ってあるでしょう?シエナ人が世界一の広場と自慢する、、この間サ、お客様が“これって簡保の広場なんですか?”って、、、、そりゃあね、そうだけども。。。。」

(ちなみに「カンポ」はイタリア語で野原とか畑とか意味します)

????

「イタリアのホテルというのは日本のように浴衣や歯ブラシが備品として置かれてないんです。あるお客様、寝間着を忘れられて仕方がないので真っ裸でベッドに入ったそうです。夜中にトイレに起き、バスルームに行くつもりが寝ぼけて廊下に出てしまい、そこを他の宿泊客に見つかり大変なことに!!くわばらくわばら、、、」

せめてパンツはいててほしいですね、お互いのため。

????